📒

2022年4月15日

 

出席者

先方:オオタ様
弊社:私

商談内容

  • 協業提案
  • ご挨拶

要約

  • 中古家具の取り扱い困っていることがある。
○クラスのモデル2パターン
①サブスク:EC販売→返却。 ②カスタムプラン:分割で支払い→短期間で返ってくることもあり。必ず引き取りをしている。
→引き取った商品の取り扱いに困っている。
→引き取った商品を流す、共通に在庫を抱える形(例えばアパレル業界のようなイメージ)の提携ができるとすごくいいですね。
※水面下に在庫管理を共有できるプラットフォームがあれば(ITでできれば)
家具って部品が多い。リペアが大変。PB品に変えていかないと。ビスとかナットがあれば。やはり在庫リスクと物流こすとが馬鹿にならない。
 
  • 倉庫管理について
例えば、ブース1台追加で入れたい時に、什器を一度引き取りをしている。(倉庫を抱えて管理している)
→倉庫が高い。スペースも必要だし、管理コストがネックになってる
→在庫の共有、スペースの共有、倉庫ニーズ
 
○サブスクで利用したい家具と、所有したい家具って別物だろう。ニーズが違うのでは? →送客の部分で協力できれば!
○CLAS様の回収した什器の引き取り、廃棄で協力できたら!
 

次回行動する事

  • 短期的には送客で2、3ヶ月で。
→まだ使えるような什器を引き取りができたら2、3ヶ月で。(ホップ)
→お互い関係性を作った上で、ゆくゆくは倉庫のシェア(ステップ)
→在庫シェアのシステム構築など(ジャンプ)
by小林様よりご提案
 
→倉庫保管量もらってもいいだろう(割高でもいいだろう)by宇田川
恐らくクラスは利益率はそんなに高くないだろう ①利益増やしたい。→新顧客だけでなく、新しい収益が欲しいだろう。 ②資金調達あるある:採用→混乱が生じる→スムーズに組織が動かない→アライアンスが増えると仕事増えてヤバくなる→協業することで発生する手間を想像して、それをどれだけ負担軽くできるかが大切。