関連業種

  • 不動産仲介
  • オフィスデザイン
  • 空間デザイン
 
  • 観葉植物の取り扱い
  • 福利厚生系(お菓子、お弁当、飲み物、ウォーターサーバー)
  • AO機器
  • ビジネスフォン
  • 通信インフラ
  • 内装業者
  • 空調業者
 
  • 配送業者
  • 廃棄業者
マニフェスト
「産業廃棄物管理票(マニフェスト)」とは、廃棄物が適正に処理されているか確認するために用いる書類
マニフェストは、交付した排出事業者と、それを受け取った処理業者の双方で、5年間にわたり保管することが義務付けられています。
排出事業者が交付し、収集運搬業者や処分業者の手に渡ったマニフェストは、運搬・処分が終わったのち、控えを残して排出事業者の手元に返すよう定められています。それぞれのマニフェストが戻ってくるまでの期日は以下の通りです。
収集運搬業者・処分業者からの返却期限(B2票、D票):90日以内
処分業者からの返却期限(E票):180日以内
 
結論からいうと、オフィス家具は一部例外を除き“産業廃棄物”に分類されます。
家庭から家具を廃棄する場合には粗大ゴミとして自治体が引き取ってくれますが、オフィスにて不要となった家具は“産業廃棄物”として処分しなくてはなりません。
ただし、素材によって“産業廃棄物”に分類されるかどうかが異なります。
主に金属加工が施された家具やガラス・プラスチックの割合が高い家具は、“産業廃棄物”として扱う必要があります。
一方で、木製の椅子やキャビネットなどは産業廃棄物には該当しません。
木製品は事業系一般廃棄物に分類されるため、一般廃棄物収集運搬・処理業の許可を得ている業者に回収・処分を依頼することができます。
 
  • 副業コミュニティ
  • コワーキングスペース