テレアポ_トークスクリプト

誰に対して、どうしたいのか?ゴールを明確に。
→電話とった人が、誰に繋げたらいいかわからないし、繋げてもらえないことが多いだろうから。
(VP社は殺し文句とターゲットが明確。仲介業者は貸主に弱い。)
→窓口を突破するには?
例)オフィス家具業者としていく?VP社のサービスを持っていく?
→まずはオフィス家具業社として。
 
受付は極力少ないコストで突破しちゃう。
例)「いつもお世話になってます〜代表の〇〇さんいますか?相談してたオフィスの件で〜」
→次はアプローチを変えて、丁寧にとか。
 
・アウト返し集作る
・アポもっと早くてもいいかも
 メリット→アポ

ゴール:アポを取得する。あくまでも、会って話す機会をつくる

※法人営業は早口でいい

「廃棄パターン」


①フロント トーク ===== 安心感訴求 + 興味付け
 
イメージを
沸かせる
◎お世話になっております。 私、JOY株式会社の〇〇と申します。
 
オフィス用品の買取についてご相談したいことがございまして、
お電話いたしました。
 
代表者さんか、担当者さんにお繋ぎいただけますか?
・No→いつ戻ります?いつならOKです?
 
・Yes→お世話になっております。 私、JOY株式会社の〇〇と申します。