2022年7月

7月の分析

○案件数

・買取・引取:見積もり提出4件、受注1件(CVR:25% )
→受注1件はネットナレッジさんからの依頼。
 失注3件はアット・ファシリティラボさんからの依頼。
 ヒカカク(買取サイト)からの成約なし。
案件別リンク
 
・販売:依頼なし。(テレブースの見積もり1件送付)
 

○売上がどの時点で生まれたか?どの案件が売上につなかがったか?

<買取>
・ネットナレッジさんの依頼は¥22,000(消し込み未)
・失注の理由は基本的に価格差
 
→小型の案件のみ獲得できた。小型の案件は自分らで配送もやってるのでコストもかかってない。
→大型の案件に関しては現状のスキームではアイミツ取られると負ける。
 あとは、在庫にして捌ける自信がまだない分、買取金額で強気に出れない。キャッシュにも余裕がないことも重なって、価格差が開いているか。
 また、期日まで日数的に余裕がなく、交渉が難しかった。
→下見でクライアントと話せた場合、イメージの予算感を探るのはいいかも。
 
<販売>
・依頼なし。以下のアクション実行を。
 

Nextアクション

○買取の依頼は少しずつ増えている。社内の対応やマニュアルも固まってきている。あとは成約率を上げるのみ( CVR:25%→50%)。
 孫請けやアイミツ取られている場合は、価格を具体的に聞いて、価格負けしないよう頑張れるとこ頑張る方式やってみる。もっとコミュニケーションを重ね、ブラッシュアップしていく。
・ヒカカクは電話対応継続。
 
○販売に関しては提携先を増やしていくこと。まずはKPI達成し、評価していく。
 
○レンタルのスキームを作ったので、こちらも増やしていきたい。提携先へのコミュニケーションを兼ねてお知らせも行う。また、ステージングのスキームと発信を行う。
→今月のプレスリリース、レンタルにしてみる?

次クオーター(8月まで)のKGI /KPI

※前提:KPI・KDIは修正するもの

○買取・廃棄KGI:発注を月10件成約

○買取・廃棄KPI:20件見積書提出、CVR 50%

○販売KGI:販売売上280万円/月 

(単価50万円/社、販売5社程度のイメージ)

○販売KPI:見積書提出17社、CVR 30%

○KDI
架電750件/2.5ヶ月300件/月秘書サービス外注
アポ獲得150件/2.5ヶ月60件/月
商談75件/2.5ヶ月30件/月仲介・オーナー20社 周辺業社 10件
SNS DM8件/2.5ヶ月3件/月週1件
<To Do>
⓪アプローチリスト作成→テレアポ→アポ獲得→商談
→最初の数件は自分の勝ちパターンを作った上で依頼していく。
①見積り提出後必ずアフターTel行う。
②Hubspot導入(MA)
③外部サイト対応(ヒカカク)全ての客に電話対応してみる。

チェック&評価