JOY(株)会社概要資料

 
JOY(株)会社概要
サービス内容紹介

会社概要

会社名:JOY株式会社
代表者:福士 知志
役員:宇田川 富大
所在地:千葉県船橋市前貝塚町499-21
設立:2022年3月1日
資本金:2,000,000円
<連絡先>
mail: info@joy-inc.jp
tel: 040-707-2724
HP: https://joy-inc.jp/
 

サービス内容

○インテリアやオフィス家具(什器)の取り扱い
①To B向け:中古オフィス家具の引き取り・販売・レンタル・リース(ライブ中継で商品確認
「無在庫転売」:卸売業(セドラーに会員制プログラム)
中古のオフィス家具・インテリアなどを格安で仕入れられるメリットを提供
→高利益で売れる仕入れルートを確保する会員制サービス
 
以下、「WHAT?」に詳細あり。
 

WHY?(なぜいま?)

1️⃣
コロナ禍における個人購入の需要
圧倒的な速さでつかむ!
 コロナ禍でも好調、2020年度の家具・インテリア販売市場は過去最高更新―巣ごもり需要や在宅勤務拡大が追い風
・ホームオフィス家具の需要増加。拡大する市場
2️⃣
フリーランス・副業希望者の増加→セドラー増加
フリーランス人口と経済規模は過去最大に
労働人口の35%が広義のフリーランスであるアメリカと比較すると日本の広義のフリーランス人口は24%となっており、今後も成長の余地があると考えられる。
・在宅ワークによる時間の増加→副業・複業ワーカーも増加
 昨年の708万人から今年は812万人まで増加しました。在宅勤務が広まり、移動時間がなくなったことから時間に余裕ができた人達が副業・複業を始めたのが原因と考えられる。
 
→弊社はセドラーに、収益性の高さというメリットを提供
 せどりは始めやすい副業。
 
 
3️⃣
SDGs
SDGs認知度の増加
SDGs認知率は54.2%で、前回調査からほぼ倍増。
・若年層の認知・理解度の高さが示されている
性年代別にみると、10代のSDGs認知率が7割を超え(10代男性75.9%、10代女性72.2%)、全年代で最も高い結果となりました。「内容まで含めて知っている」割合も10代男性(45.7%)、10代女性(31.1%)の順に高く、若年層の認知・理解度の高さが示されたといえます。なお、この傾向は前回調査から変わっていません。
・消費マインドも変化
SDGsに積極的に取り組む企業は、「社会」からだけでなく「社員」からも好感を獲得。
「積極的にSDGsに取り組む企業」が今後どのようになっていくかのイメージを聞くと、「社会からの信頼が高くなる」が69.8%で最も高いスコアとなりました。 さらに、「社員の会社への愛着が強くなる」(47.8%)、「優秀な人材の確保が可能になる」(47.0%)などのスコアも目立ち、企業の積極的なSDGsへの取り組みで社会からの評価だけではなく、社員のエンゲージメントも高まる可能性が示唆されました。
 
→僕自身、環境意識の高まりがある。環境配慮がないのはダサい。。
 

WHAT?

  1. 中古オフィス家具の引き取り・販売・レンタル・リース
    1. 仕入れと販路
      ・元々、取締役宇田川のオフィス移転コンサル会社(株式会社ベンチャープロパティ)のサービスの一部。今回卸売というビジネスモデルを併せて分社化。
      ・オフィス移転する会社の家具を引き取る→安く仕入れができる。
      ・小さい会社であり、時代の変化に合わせ、フレキシブルな対応が可能(サブスク型サービスも検討中)
      →多くの会社とシナジーが見込める。
       
  1. 卸売業(セドラーに会員制プログラム)
    1. 高利益で売れる仕入れルートを確保する会員制サービス
      会員向けにEC作成
      →中古のオフィス家具・インテリアなどを格安で仕入ることが可能。
       
      ◎会員サービスの特徴  ドロップシッピングと同じかそれ以上のメリットを提供できます。 ・保管スペースを確保する必要がない ・発送や梱包の手間がない ・好きな販路を選べる(自社ECサイト、アマゾン、楽天、ebayなど) ・マイル・ポイ活などクレジットでの仕入れが可能 ・店舗を持たないので卸価格を維持できる ・安定した仕入れ先が確保できる
       
      ◎検討中の会員プログラム(1~2品の販売だけで会費はペイできる)
 

HOW?

ライブで買える中古オフィス家具
・ライブだからインタラクティブなコミュニケーションが可能。
 購入者の手間を省き、ミスマッチもゼロに。
・購入後も1ヶ月無料交換可能(無料交換保証)
 
◎紹介で購入いただくと、商品を3品無料でプレゼント!!
 
 
 
 
コミュニティに弊サービスを卸す
<提携例>
①ベーシックの会費を半額 ②仕入れルートを会員へ提供するというコミュニティとしての価値向上 ③卸価格の毎月の利ザヤ ④特典として無料閲覧30日の権限を付与→ライブ配信
 
○提携におけるシナジー効果  例えば貴社サービスと混ぜ合わせることで、付加価値を付けてより高い会員費の徴収というのも可能。 ※サービスの仕組み自体を改変することは不可
◎弊社では提案できない弱点をカバーしてほしい  セラーさんへの売り方のレクチャー ※すでに貴社にはレクチャーされた人がいたり、素人でも売れる知識を提供できる
 
 
 
 
ご覧いただき、ありがとうございました。

是非とも、JOY株式会社をよろしくお願い致します!!